必要なモノ

花飾りをつけている

身分証明書が必要

AV事務所に所属するために必要なモノは、実のところそれほど多くはありません。事務所に採用されるかどうかは、最終的には面接で決定することになりますが、そのときには身分証明書を提示する必要があります。もちろんお仕事をするときには、どんなところでも身分を証明することは必要になりますが、特に若い女性の場合には年齢を確認する意味でもその証明書は必要となります。
AVは、その他の映像作品と比べると出演する人の年齢制限が厳しく定められています。他の記事で紹介したように、成人している限りにおいては「上限」というものは設けられていませんが、まさしくその「成人」というのは大きな分水嶺となっているのです。「18歳以上で高校生不可」というのは求人広告につけられるありきたりな文言ではありますが、特にAVの場合にはそこがしっかりと守られなければいけません。そういう意味で、免許証やパスポート、住基ネットカードなどが必要となるわけです。

メールに写真を載せる

また、AV事務所のホームページを通じてメールでコンタクトをとる場合に、メールに写真を載せるということが必要になるところもあります。
実際に顔を合わせる面接の前に、容姿を確認する意味合いがそこにはあります。
とは言っても、たとえばそこで「美人じゃなきゃ受からない」などということはありません。
映像メディアにおける出演者は必ずしも全員が全員美男美女でないことは、映画やテレビドラマなどを見ても明らかでしょう。それと同じように、AVでも、必ずしも美人である必要はないわけです。
また、AV事務所というところは、あくまでも出演する女性が主役。女性を輝かせるための、プロによるメイクアップやヘアアップの技術によって、キレイにしてもらうことも出来るのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加